コラム 2018.10.09

大学受験の進路指導 (後編)

株式会社Lacicuの渡邊です。

今回は前回の続き、「大学受験の進路指導」について書きたいと思います。

前回はどのような基準で受けさせる大学を選ぶか、を中心に書いてきました。

※前回の記事はこちら

今回はその受験校をどう生徒に伝えていくのか、を書いていきたいと思います。

受験日程をどのように組んでいくのか。

さて、色々な基準で選んだ大学をどう組んでいくか。私は、まずは生徒に希望する受験日程を書かせます。この時点では生徒は希望や現状をよく見ずに書いてきます。ここからが先生方の出番です。

・受験日程は過密になっていないか。

受験日は3日続くと体力的にしんどいだけでなく、直前に過去問を確認する時間が取れません。また、合格発表日と手続締切日を確認してあげると喜んでもらえます。

・生徒の実力と志望校にギャップがあり過ぎないか。

生徒の模試の成績から、C判定を実力相応校として考えて受験校のバランスをとります。この時に、A判定レベルを何大学設定するのか、センター利用入試で合格を狙っていくのか、こちらも戦略になります。

もし、「浪人をしてもいいから、MARCH以上に行きたい」という希望の家族であれば、安全校より挑戦校を入れてあげた方が生徒のモチベーションはあがりますよね。

以上のような点に気をつけて、生徒の受験校・受験スケジュールを決めてあげてください。

大学受験の結果に保護者は…

大学受験は、合否が非常に微妙な勝負です。

昨今、私立大学の定員厳格化が大きく話題になっていますが、有名私立大学は特に合格を勝ち取ることが難しくなってきます。

受験後の生徒、保護者の心理はどうでしょうか。

ここからは私見ですが…生徒は自分の味方になってくれる先生であれば、結果に関わらず自らの大学受験を肯定的に見ると思います。もちろん、「もっと早く始めればよかった…。」「夏にもっと頑張ればよかった…。」と思うかもしれません。しかし、「この塾にしなければよかった!」や「〇進ハイスクールにすればよかった!」と思うでしょうか。

また保護者の心理も同じです。

自分の子供のためにいろいろと親身になって相談してくれた先生に対して、結果のみを見て文句やクレームなどを言ってくるとは思えません。日々の指導や、進路指導の場面で生徒の寄り添い、その子のためを思った提案をすれば、結果に関わらず満足してくれるはずです。

経験上、不合格になってしまう場合も、それまでの教科指導や進路指導を丁寧に行い、保護者様のご理解を得られれば、感謝していただくことが多いです。

逆に言えば、進路指導を曖昧にして不合格になってしまうと、塾としての評判を下げてしまう恐れもあります。生徒にしっかりと寄り添い、生徒が納得する進路指導を行ってください。

最後に…

弊社サービスのご案内です。笑

生徒の受験校管理をするのに最適なツールが、「進路指導.net」でございます。生徒が登録した大学学部の入試日はもちろん、願書締切日、合格発表日、手続締切日などが一覧となって管理でき、自社のブランドでウェブサイトを作成できます。

【事例】

ブレインズジム様

毎日個別塾5-days様

それだけでなく、志望校検索を生徒のスマホでできるサービスもついています。

先生方は、管理画面から生徒の志望大学や受験日を閲覧・管理できるので、面談直前に生徒の志望校がわからない、

面談で適切な進路指導ができない、といった不安もなくなります。

 

是非、進路指導のお役に立ててください。