受験コンパスにカスタマーサクセスできたってよ!~中の人はどんな人?~ |ブログ|株式会社Lacicu

受験コンパスにカスタマーサクセスできたってよ!~中の人はどんな人?~

受験コンパスにカスタマーサクセスできたってよ!~中の人はどんな人?~

3月1日飯田橋某所…
株式会社Lacicuに新たなチームが爆誕しました!!

その名も・・・カスタマーサクセス!!!

そもそも受験コンパスの担当は代表の服部を除くと4人でやっていたのですが、
その中の1人をカスタマーサクセス専任にするという大胆な配置変更!
この人数構成でカスタマーサクセスをつくるのはなかなかの冒険です(笑)

ただ、今必要なことは人件費を投資してでも受験コンパス加盟校のフォローを厚くすることだという意思決定をし、目標数字やKPI、施策など2か月間練ってきました。

みなさまの事業がサクセスすることがカスタマーサクセスの目的です。
連絡を待つような受け身ではなく、みなさまの課題解決のためにできることを積極的に提案していくのがカスタマーサクセスの魅力であり存在意義です。

そんな新規事業を担う人物はどんな人物なのか?
今回は初代カスタマーサクセス責任者の梅田さんの人となりをご紹介します!

3児の母で子育てをしながらLacicuでフルタイムで働くパワフルウーマンの梅田さんを山田がインタビューしてみました!

生まれから学生時代の話

山田:生まれは足立区だったっけ?

梅田:生まれも育ちも足立区です!いや、でも生まれは港区の六本木だった気が…

山田:なんで急にシティーガール感だしたの(笑)

梅田:生まれた病院は六本木なので(笑)
小中高と公立に通い、大学は法政大学に進学しました。

山田:優秀だね~。大学はなんで法政大学に決めたの?

梅田:留学が卒業案件に入っているからです(笑)
卒業するためには留学が必要なんですよ!

山田:留学を親の金で行きたかったってこと?強かだね(笑)

梅田:プラス、新宿と渋谷にでやすい大学と、4年間都心なこと!

山田:遊ぶ気しかない(笑)
でもある意味考え抜かれた大学選びだね。

梅田:サークルも飲みサークルに入ってましたからね。
本当に飲むだけのサークルで、飯田橋か神楽坂の庄屋っていうのが決まってました(笑)

山田:行動原理がめっちゃ一貫してるね。

紆余曲折あった前職までの話

山田:3人お子さんいると思うんだけど、一番上は何歳?

梅田:一番上は10歳になります。

山田:ってことは卒業してすぐ結婚したってこと?

梅田:そうなんです。
私なぜか大学の3年生から教職の授業をとりまして、そこから教師を目指して教員採用試験を受けました。
ただ、在学中には受からなくてもう1年勉強することにしました。
そのときに先に結婚が決まりました。

ただ仕事はしたかったので、
一人目を生んで、3歳になったタイミングで初めて就職活動をしました。

山田:なるほどね。最初に入った会社はどんなことやってたの?

梅田:生命保険会社で営業をやってました。
そこでは、個人の方だと既存の保険の見直しとか、新しい家族の方への提案なんかをしてました。
あとは法人で日産の担当もやってましたね。

山田:昼休みに声かけたりとか帰り際に入口にいるやつ?

梅田:そうです。休憩室の前にずーっと立ってたりしました(笑)
オーソドックスな保険屋さんですね。

山田:なんで生命保険会社を選んだの?

梅田:子どもが小さくて融通がきく正社員、さらに未経験となると選択肢が結構限られまして。
個人的には経験を積めればいいやという、ひとつのステップとして入社しました。
3年で経験を積んでやめます!って宣言して入社したので(笑)

山田:それはすごい!じゃあ3年勤務した後はどうしたの?

梅田:元々教員志望でしたが、教員じゃなかったらベンチャーに入りたいと思ってました!
決まった枠で働くのではなくて、自分で作っていきますという仕事の仕方が好きでして。

山田:ちょっと待って(笑)教員とベンチャー企業ってマインド全く逆じゃない?

梅田:教員になりたかったのは、中学の英語の先生が大好きでその先生みたいになりたいという憧れがありました。
ただ、実際に行った教育実習が地獄で。。。割とそこで心が折れちゃいました。。。

ベンチャー企業には憧れがあったんですが、社会人経験のない子ども連れの人がいきなり入っても戦力になれないと思ったので
生命保険会社で経験を積んだあとに満を持して探しました!

そこでママのための子ども服の通販会社にご縁をいただき、前職に入社しました。
なんで入社できたのかはいまだにわからないです(笑)

山田:あれ?2人目が生まれたのいつだっけ?

梅田:25歳のときですね。なので、生命保険会社に入社するときにはいました。

山田:2人子育てしながら生命保険会社の営業やってたの!?すごすぎる・・・
ベンチャー企業に入社できた理由は多分そこだね(笑)

そのベンチャー会社ではどんな仕事してたの?

梅田:カスタマーサポートと物流を一人で担当してました。
それまでは社長が全部やっていたのを引き受けた感じですね。

山田:カスタマーサポートは何年ぐらいやってたの?

梅田:5年ぐらいですかね。やめるときには上から3番目ぐらいの古参メンバーでした(笑)
結構会社の規模も大きくなり、最初は10人だったのが、最終的には100人以上の会社になりました。

山田:同じフェーズをもう1回Lacicuで経験するんだね(笑)そういうフェーズが好きなの?

梅田:好きなんじゃなくて、いいなと思った会社が勝手にそうなったんです(笑)

山田:これはLacicuがライジングする予兆だね!

なぜLacicuに参画しようとしたの?

梅田:コロナの影響で吸収合併みたいな形になりまして、今まで働いていた環境とはだいぶ違う感じになってしまったので転職しようと思いました。
最終的には7人ぐらいのマネジメントをしていたのですが、あまり仕事にもワクワクしなくなってきたので良いタイミングだったかなと。

山田:梅田さんが仕事で大事にしているところってどこなの?

梅田:一緒に働くメンバーや会社のモチベーションですかね。
前職の一緒に働いているメンバーはすごく良かったのですが、合併のいざこざで9割ぐらいがやめるか転職するかしてしまって。
そうすると地位は確保されているけど続けたいという感じはしなくなってしまいました。
合併のときに社長も変わったので、全く違う会社になってしまった印象を持ちました。

山田:次の仕事を探すときの軸は何だったの?

梅田:カスタマーサポートで経験を活かしながら、カスタマーサクセスに幅を広げたいと思っていました!
ただ業界があまり決まらなかったですね。
元々教員になりたかったことから教育業界で探していたときに、Lacicuを見つけました。

山田:Lacicuに入社を決めた決め手は何だったの?

梅田:それはもう代表の服部さんですね!

山田:ほう!それは服部さん喜ぶね(笑)

梅田:この人と仕事したらおもしろいんだろうなという直感です。

山田:Lacicuに入社して半年でようやくカスタマーサクセスをローンチできたけど、ここまで働いてみてどう?

梅田:色々と経験させてもらっておもしろいです!
まだまだわからないことも多くて迷惑をかけてたりすると思うのですが、これからは受験コンパス加盟校の方をサポートしていきたいですね!

 

改めて話を聞いてみて、チャレンジ精神とホスピタリティ精神の両方を持ち合わせている梅田さんは、非常に稀有な存在だと思いました。
3児の母として、母親目線でのアドバイスもしてもらえるので、加盟校の皆様もどんどん梅田さんに相談してもらえるとカスタマーサクセスを立ち上げた甲斐があります!
これからの活躍もぜひお楽しみに!

CONTACT

当社では、学習塾業界のプロフェッショナルとして、
学習塾経営に関わるさまざまなサービスをご提供しております。

学習塾経営に関するお悩みがございましたら、まずはお気軽にご相談くださいませ。

TEL.03-6801-8652 [受付時間] 平日 10:00〜19:00